スタッフブログ

熊本市、宇城市、宇土市、八代市の皆様おはようございます♪

プロタイムズ宇土富合店(株)川本塗装です🤗

本日は陸屋根についてご説明していきたいと思います。

屋根材の中でも代表的な屋根は以下の7種類です!

スレート瓦

ガルバリウム鋼板

アスファルトシングル

陶器瓦

トタン

セメント瓦

⑦陸屋根

※既に投稿済みの種類はクリックすると見れます。

陸屋根とは

陸屋根とは、勾配のない平面状の屋根のことです。
別名で「平屋根(ひらやね)」「フラット屋根」ともいいます。

陸屋根のメリット

①屋上スペースとして活用できる

平坦なことで人が立ち入れる陸屋根は、その多くが屋上として利用されています。
主な用途として、洗濯物干し場やガーデニング、太陽光発電の設置などで活用する方が多いです。

②屋根メンテナンスが簡単・安価

簡単に出入りでき、傾きで滑り落ちる心配もないため、屋根工事に必須の足場費用が不要です。
工事のたびに約15万~20万円の節約になります。

また、日頃の屋根の掃除や簡単な補修も、住人が自ら行えます。

③居室空間が広くなる

陸屋根は屋根裏のスペースが必要ないので、同じ高さの家でも室内の空間が広くなります。
部屋の天井が高くなることで、居室内で開放感を感じることができます。

陸屋根のデメリット

①水はけが悪い

陸屋根の最大の特徴でありデメリットがこれです。

傾きのある屋根であれば、雨や雪は自然と地面に流れ落ちますが、平らな陸屋根ではそのまま床に溜まってしまいます。
溜まった水は雨漏りを引き起こすいため、陸屋根には防水工事やそのメンテナンスなどの雨漏り対策が欠かせません。

②メンテナンス頻度が多い

陸屋根の床面に施される防水加工は、三角屋根に比べて耐用年数が短く、屋根メンテナンスの頻度は多くなります。
スレート屋根の寿命が20~30年であるのに対し、陸屋根防水の寿命は種類により10~20年が目安です。

③断熱性が低い

屋根裏の空間がないことはメリットの1つですが、デメリットにもなります。
陸屋根の家では、屋根に当たった太陽熱が直接天井に伝わるため、上の階の室内が暑くなりやすいのです。

しかしこのデメリットは、施工の際に断熱材や遮熱塗料などをつかうことで軽減できます。

陸屋根は自身で掃除等できますが、防水対策は欠かせません。『水はけが悪くなってきたかな?』等心配な方は一度弊社へご相談ください😊

無料で診断・お見積いたします。

熊本の塗装会社なら川本塗装まで!

屋根・外壁で気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

プロタイムズ宇土富合店(株)川本塗装

熊本県熊本市南区富合町志々水85-1

TEL 096-288-2371

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ピックアップPICKUP